トップに戻る

建て替えにかかる費用一覧

古い家を解体して新しい住宅が完成するまでには、さまざまな費用が発生します。
いつ、どのような費用がかかるのか、まとめて紹介します。

解体費用


古い家を解体する際にかかる費用の目安は木造住宅であれば一坪あたり2~6万円、鉄骨住宅は3~6万円、鉄筋コンクリートは4~7万円です。

30坪の住宅であれば最低でも60万円、100万円以上かかることも視野に入れておきましょう。

また解体時に出た廃棄物を処理してもらう場合は別途費用がかかります。

登記費用


建物を解体した場合、登記所に申請をして旧居の建物の登記簿を閉鎖する必要があります。

これは解体工事後に必ず申請しなければならないものですが、土地家屋調査士が代行している場合がほとんどです。

土地家屋調査士への報酬も含めた相場は5万円前後と言われています。

測量費用


測量が行われておらず、境界がはっきりしない土地で住宅を建て替える際は、土地の測量を行って土地の形状を確定させます。

この調査は土地家屋調査士や測量士が行うものですが、測量費や手数料を含めると約30万円が発生します。

地盤調査費用・地盤改良工事費用


地盤調査の費用相場は5~25万円と非常に広く、状態や土地の広さによっても異なってきます。

地盤改良が必要となれば今度は改良工事費用がかかってきますが、この相場は一坪あたり約3万円です。

30坪の場合、100万円前後かかると考えておくとよいでしょう。

引っ越し費用


古い家から仮住まいに引っ越す際、また仮住まいから新居に引っ越す際にも引っ越し費用が発生します。

業者に依頼する場合、近距離であれば10万円前後が相場です。

家族構成や荷物の量、また季節や時間帯によっても変わってきますので、複数の業者から相見積もりを取ってお値打ちなところを選ぶようにしてください。

設計・建築費用


住宅を建て替える際におそらく最も大きな負担となるのが建築費用ですが、これは一坪あたり50万円が相場とされています。

住宅の広さや設備のグレードによって大きく異なってきますので、あくまで参考程度に記憶してください。

新築の設計費用は建築費用の約10%といわれています。

各種税金


住宅を新築すると不動産取得税や固定資産税、登録免許税、都市計画税など、さまざまな税金が発生してきます。

不動産税は建築価格×1/2×3%、登録免許税は不動産価格×0.4%で算出されます。

その他にも建築工事請負契約書を用いて契約を結ぶ場合は印紙税が必要です。
ひとつひとつは数万円程度でもすべてまとめると数十万になってくるので、見逃さないようにしましょう。

仮住まいでの生活費


仮住まいで新しい家電や生活用品を購入したり、トランクや倉庫を借りたりすればその分だけ新しい生活費用が発生します。

なるべく無駄がないように、新居でも使えそうなものを購入することをおすすめします。

レンタルトランクルームも毎月となると金額がバカになりませんので、実家や知人宅など荷物を預かってもらえそうな所に頼むのもひとつの手です。