トップに戻る

住宅ローンで失敗しないためにやるべきこと!

住宅ローンで失敗しないためにやるべきこと!

住宅ローンで失敗しないためにやるべきことは3つです。

・返済額を手取り収入から考える

・ライフプランを考える

・専門家へ相談する

それぞれについて解説します。

 

1.返済額を手取り収入から考える


住宅ローンに不安のある方は手取り収入から考えてみましょう。額面年収ではなく手取りの収入で考えることによって、余裕を持った返済が可能です。一般的に金融機関が設ける返済負担率の上限は30~35%程度です。しかし、家計として返済に余裕をもたせるためには、25%以下に抑えたほうが安心だといわれています。

また、額面年収で考えるのではなく、手元に入る手取り収入から考えることで、より安全圏で返済額の上限を考えることができます。

具体的に返済負担率25%として考えてみましょう。額面年収600万円、手取り収入450万円の方の場合は下記の通りです。

・600万円 × 25% ÷ 12 = 125,000円

・450万円 × 25% ÷ 12 = 93,750円

手取り収入で考えることで、額面年収で考えるよりも3万1,250円の余裕が出来ました。ローン返済に余裕を持たせるための考え方として、ご自身の手取り収入に当てはめてみてください。

また、ローン返済金額を差し引いたお金で日々の生活費は足りるのか、将来への貯蓄を行うことができるのかという点についても、しっかりとシミュレーションしておきましょう。

2.ライフプランを考える


住宅ローンで失敗しないためには、ライフプランを考えなければなりません。

住宅ローンで失敗する人の多くは、将来の計画があいまいな状態で住宅ローンを組んでしまっています。

下記のような項目についてライフプランを考えてみましょう。

・何歳までに何人の子どもを作るか

・子どもにどのような教育環境を準備するか

・両親や家族の介護費用の負担が必要か

・何歳まで働けるか

・転職・退職する予定はあるか

・将来両親と生活する予定はあるか


ライフプランを考えることで、将来的にどのタイミングでお金がかかるのか、何かを決断する際にどのようなことを考慮しなければならないのかがわかります。変化する可能性がある場合はボーナスなどを活用して、早めにローンの返済を終わらせるという選択肢もあります。

ライフプランを立てることで、将来の見通しがつき、ばく然とした住宅ローンへの不安も減少するでしょう。

3.専門家へ相談する


住宅ローンで失敗しないために、住宅ローンを組む前に専門家へ相談しましょう。専門家へ相談することで、将来についてより具体的に考えられることに加え、住宅購入の適切な判断ができます。

資金計画やライフプランは自分で考えることもできますが、専門家へ相談した方がより詳しく、かつ現実的に検討できるでしょう。

まとめ


本記事では住宅ローンの失敗例やリスクへの対策、失敗しやすい人の特徴について解説しました。

住宅ローンの失敗例は様々ですが、失敗する人の多くが共通していることは2つです。

・営業マン任せにしてしまう

・長期目線で考えられない

実際に住宅ローンを組んで返済していくのは自分自身です。住宅ローンの内容はしっかりと理解しなければなりません。また長い間返済が続くため、必ず長期目線で考えましょう。



いかがでしたでしょうか?

どんな些細なことでも構いません。
ご不安なこと、気になることがございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。